★個別指導塾にはデメリットもあります!!それも踏まえたうえで自分に合った個別指導塾を選びましょう!!★

個別指導塾では、生徒一人ひとりに合ったオリジナル・カリキュラムで指導を受けることができ、また、講師との距離が近い分、いつでも質問できやすい環境があります。しかし、講師1人に対する生徒が少ない分、デメリットとして個別指導塾の授業料は高額になる傾向にあり、集団指導塾と比べると3~6倍の授業料が個別指導塾では発生すると言われています。中には、授業料の安さを売りにしている個別指導塾もありますが、講師が専属のプロではなく、アルバイト講師の場合もあるため、質のばらつきが懸念されています。ただし、アルバイト講師でもしっかりとした研修制度を設けている個別指導塾は質の高い指導を受けることができるので、選ぶ際の判断材料にしましょう。また、個別指導塾では、個人で学習していくため、集団学習塾のように周囲と刺激しあってモチベーションを高めることが困難です。負けず嫌いな性格で、他と切磋琢磨しながら学習したい人には集団学習塾の方が適しています。さらに、個別指導塾では、生徒一人ひとりの目標に合わせたオーダーメイドのカリキュラムで学習していくので、マイペースで弱点科目を克服したい人には向いていますが、集団クラスのように現在の相対的な立ち位置を掴むことが困難となります。受験は自分との戦いでもありますが、試験自体は他のライバルよりも良い成績を上げることが必要となってきます。個別指導塾で学習する人は、公開模試などに参加して自分の立ち位置を把握する必要があります。このように、個別指導塾のデメリットもあるので、それも考慮し自分に合った学習指導塾を選ぶべきです。