★心理系の公務員を目指すならクレアールがおすすめ!★

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s公務員試験を目指す場合は公務員専門学校で対策するのが1番ですが、自分が目指す職種の対策講座があるとは限りません。特に、マイナーな職種となればなおさらです。なかでも心理系の公務員は、対策講座を開講している公務員専門学校は限られてきます。心理系公務員とは、心理学が試験科目にある職種で、家庭裁判所の調査官、法務省専門職、自治体など様々な就職先があります。そんな心理系の公務員を目指すならクレアールがおすすめです。クレアールは、超難関の公認会計士試験を最低限の学習で合格できる非常識合格法で一躍有名になった資格の予備校です。公務員試験対策にも力を入れており、心理系の公務員講座を持つ数少ない学校です。クレアールは、通学コースがない代わりに通信講座のサポート制度が充実しています。授業はマルチデバイスに対応しており、パソコンだけでなくスマホでも視聴できるので外出先や移動時間など隙間時間を活用して効率よく学習することが可能です。学費も大手の公務員専門学校に比べて割安であり、経済的にも負担が軽くて助かります。大手の公務員専門学校は自習室など施設を利用しないにもかかわらず、受講料は通学生と通信生は同じとなっており腑に落ちない人も少なくないでしょう。クレアールでは最初から通信に特化し、学費も良心価格で設定されているので魅力です。また、オプションで安心保証プランを用意しているのも特徴です。安心保証プランとは、たとえ目標年に公務員試験に合格できなくても、受講期間を1年間延長できる制度です。授業は継続して視聴できるうえ、時事と模試は最新版を利用できるので不合格の場合は、再度高額な授業料が発生せずに勉強できます。仮に目標年で合格できた場合は、保証料金は返金されるため無駄になることもありません。クレアールの講座を受講する際はぜひ加入しておくことを強くおすすめします。

★個別指導塾にはデメリットもあります!!それも踏まえたうえで自分に合った個別指導塾を選びましょう!!★

個別指導塾では、生徒一人ひとりに合ったオリジナル・カリキュラムで指導を受けることができ、また、講師との距離が近い分、いつでも質問できやすい環境があります。しかし、講師1人に対する生徒が少ない分、デメリットとして個別指導塾の授業料は高額になる傾向にあり、集団指導塾と比べると3~6倍の授業料が個別指導塾では発生すると言われています。中には、授業料の安さを売りにしている個別指導塾もありますが、講師が専属のプロではなく、アルバイト講師の場合もあるため、質のばらつきが懸念されています。ただし、アルバイト講師でもしっかりとした研修制度を設けている個別指導塾は質の高い指導を受けることができるので、選ぶ際の判断材料にしましょう。また、個別指導塾では、個人で学習していくため、集団学習塾のように周囲と刺激しあってモチベーションを高めることが困難です。負けず嫌いな性格で、他と切磋琢磨しながら学習したい人には集団学習塾の方が適しています。さらに、個別指導塾では、生徒一人ひとりの目標に合わせたオーダーメイドのカリキュラムで学習していくので、マイペースで弱点科目を克服したい人には向いていますが、集団クラスのように現在の相対的な立ち位置を掴むことが困難となります。受験は自分との戦いでもありますが、試験自体は他のライバルよりも良い成績を上げることが必要となってきます。個別指導塾で学習する人は、公開模試などに参加して自分の立ち位置を把握する必要があります。このように、個別指導塾のデメリットもあるので、それも考慮し自分に合った学習指導塾を選ぶべきです。

★公認会計士と税理士って一体どっちが難易度高いの?色々と比較してみました!!★

公認会計士は医師、弁護士と並んで三大国家試験と呼ばれているほど難易度の高い試験です。いっぽう、税理士は三大国家試験には含まれませんが、合格率10%代のこれまた非常に難易度の高い国家資格です。両方とも会計関連資格の中では地位および難易度ともにトップクラスのため多くの人はどちらを受験するか迷いがちです。そもそも公認会計士と税理士は同じ会計資格でも業務内容は異なっていますが、今回は難易度の面から両資格を比較していきたいと思います。まず、試験合格率から見ると平成25年度の実施された試験では、公認会計士の合格率は8.9%に対して、税理士試験の合格率は平均14.8%となっており、公認会計士のほうが難易度は高くなっています。公認会計士は短答式と論文式に分かれており、科目合格があるものの2年しか有効ではないので、一般的に全科目を一気に勉強していく必要があります。いっぽう、税理士試験は科目合格が恒久的なものなので、一科目ずつ受験することが可能で、多くの受験生は働きながら勉強しています。したがって、社会人で公認会計士を受験するなら会社を辞めて専念する必要がありますが、税理士なら働きながらでもコツコツと勉強して5科目合格を目指せます。ただし、受験期間で考えると公認会計士のほうが専念して勉強するため、平均1~4年程度の短期間で合格することが可能です。いっぽう、税理士試験のほうが働きながらの勉強となるため、学習時間の確保が限られてしまい10年かかる人も多くいます。ただし、専念すれば3~4年程度で合格できますが、5科目全てを1年で合格するのは不可能に近いです。したがって、公認会計士は1年でも合格が目指せる受験システムなので、1年で資格を取ろうと思ったら税理士試験のほうが難易度は高くなります。しかし、必要な勉強時間は公認会計士で3000時間、税理士は2500時間と言われているのでやはり公認会計士のほうが難易度は高いでしょう。名門大学出身者の合格者が多い公認会計士資格はやはり会計資格の最難関試験となっています。

公認会計士 難易度はコチラ

★公務員専門学校を選ぶなら現役の生徒と先輩達の口コミや評判から選べ!!★

公務員専門学校は近年の不景気の煽りで安定的な収入を目標とする学生や社会人の増加で需要が増えてきています。公務員を目指す学生や社会人は必ずと言ってよいほど公務員専門学校利用します、なぜなら公務員試験は基本的な学力なども必要ですが、問題の出題傾向が特殊なものが多く専門的な対策を行う専門学校を利用しないと独学では少々厳しいからです。また、公務員専門学校では最新の改正論点や時事問題対策、面接対策なども過去の傾向と対策から分析し効率の良いカリキュラムを作っており公務員試験に必要な情報やノウハウが全て揃っています。では、全国各地に数多くある公務員専門学校を選ぶ基準とは何でしょう、それは公務員試験に合格していった先輩や現在専門学校を利用している受験生のリアルな口コミや評判でしょう。公務員専門学校をインターネットで検索すると専門学校のホームページなどが多数見つかりますが、基本的には自社に対する良い口コミや良い評判しか掲載していません、これでは講師の質や通いたい校舎の雰囲気、サービスの質などは判断できません。そこで参考になるのが第三者の立場から公務員専門学校の口コミを比較した口コミ比較サイトです、比較サイトは専門学校ごとに誰でも口コミを投稿できるようになっているためリアルな意見をチェックすることができます。このように集中して勉強をするためにもまずは興味のあるところの口コミ情報を集めることから始めましょう!